自治会の役員の仕事で分かったお金の流れ

今年、隣組より上部の自治会の役員、区域会長を引き受けようやくこれが市役所の仕事の丸投げであることが分かりました。区域会長の仕事は、隣組単位では回せない、自治会を越えた内容の集金がいくつかあります。それは市の交通共済保険の集金、日本赤十字社社債の集金、歳末助け合い募金などです。4つの隣組を束ね、およそ35件を回って集金し名簿を作って取りまとめて自治会長に提出しますが、会費の10〜20%が市から自治会へとバックされることがわかりました。市役所でも交通共済は加入できるし、日赤に申し込めば個人でも可能ですが、強制加入に近い形で市は自治会へ助成金を出します。都会では全く通用しないでしょうね。

保険相談 口コミ

このページの先頭へ